密林の図書室

日々読んでいる本の読書の備忘録を兼ねたブックレビューのブログです。英語教材も含まれます。日々、様々な本を読んでいます。読みっぱなしにするのではなく、アウトプット化することも本との対話の一部と考えており、このBlogを立ち上げました。人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書を通じて多くのことを学び、それは自分にとって目に見えない財産になっています。 尚、過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載しているものもあります。未掲載のものは「Amazonレビュー欄未掲載」のカテゴリーを参照ください。。

やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人

著:ケント・ギルバート

 

「結局、 (TBSのNEWS23から)三十分以上もインタビューを受けましたが、実際に番組に使われたのは一分前後で、しかも最後の最後の、ほとんど余談とも言える部分だけが編集され、私の『笑い』が、あたかも安保法案反対派を冷笑し、馬鹿にしているようにイメージ操作され、結果的には、やはり彼らの都合のよいように使われました」。


 米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏が、日教組や日本弁護士会やマスコミや一部政党を中心に日本に根強く残る自虐史観について、自身の経験も例に挙げながら、警鐘を鳴らした本。

 外国勢力と結託してきた日本の野党の実態。共産党がまるで護憲政党のように言われるが、共産党が守りたい憲法は第9条だけにすぎない。国民の生命財産を守るのは国家の義務であるのだから、安保法が違憲だというのであれば第9条自体が憲法違反である。スパイ天国である日本。日本の英字新聞に書かれていた日本を貶めるかのような事実とかけ離れた記事の数々。日弁連の弁護士たちの国連でのあきれた活動の数々。空襲体験だけで戦争を知っているといえるのか。自らも経験したマスコミの偏向報道のひどさ。国連は中立ではない。韓国と中国の反日。アメリカは日本の同盟国ではあるものの、自らの国益を日本のために妥協させることはない。日本は対等なパートナーシップを結べる実力をつける必要がある。

 一方で、左派による「ネトウヨ」というレッテル貼りによる手法と同様に、一部の保守や右派が行う安易な「在日認定」についても強く批判しており、そのような手法は欧米の分断政策の手法であると注意を促している。また、「シールズ」の若者たちと番組で会った感想として「意外とまともな若者たちだな」と思った、も書かれてあり、若者はいつの時代も無垢な情熱をもっているものであって、むしろ平和ボケした若者たちに影響を与えてきた教育界やメディアやこのような若者たちを最大限利用しようとしてきた左派の政治家たちに厳しい目を向けている。

 われわれが知らず知らずのうちに刷り込まれてきたことを、冷静に見つめなおすためのヒントを与えてくれる本である。

 

単行本、 255ページ、PHP研究所、2016/1/28
文庫、282ページ、PHP研究所、2017/11/2

やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人

やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人

 

 

図解入門業界研究 最新映画産業の動向とカラクリがよ~くわかる本[第3版]

著:中村恵二、荒井幸博、角田春樹

 

タイトル通りの本。洋画やアニメ作品も含めた映画産業の構造や特徴や傾向について解説した本。3人の担当者による共著となっている。

映画と映像コンテンツを取り巻く状況は、近年大きく変わってきているという。ざっと上げると、以下のような動きがある。

シネマコンプレックスの普及
製作委員会方式に代表される企画と製作資金調達の多様化
・商社、テレビ局、出版社との連携
・邦画が洋画を上回る
・アニメーション作品人気
・マルチユース市場の拡大(2006年で2次利用は1次利用の2.7倍)
・ネット配信の伸び
・アニメの海外進出と人材問題
・コンテンツ大国を目指す国の後押し
クラウドファンディングなどの新たな資金調達方法の登場
・シネマツーリズムによる地域振興との連携
・デジタルシネマ化による3D/4D(4DX/MX4D)の登場
・VR映画館の登場
・レビューのクチコミの重要性

知的財産基本法」が施行されてから、日本では毎年のように知財戦略の推進を行う関連法規の改正や新法の制定が行われてきた。映像コンテンツに関するものだけでも2003年と2004年の著作権法改正があり、「コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律」が制定されている。また、「知的財産基本計画2007」では、コンテンツ大国実現のために、ユーザ大国、クリエイター大国、ビジネス大国の3つを目指すとしているという。

映画産業の基本工程、「水もの」と呼ばれる収益の構造、どのような仕事があるのか、配給会社、養成のための学校、著作権や肖像権、といったことについても書かれている。映画産業がどのようなものなのか、何がどう変わってきているのか、概要を理解するにはよい。

 

目次

第1章 映画産業のいまを知る
第2章 日本のアニメ産業の動向
第3章 映画産業を俯瞰する
第4章 映画産業の仕事と人材
第5章 映画産業と法律
第6章 地域振興と映画関連産業
第7章 デジタル新時代と映画産業

 

単行本、202ページ、秀和システム、2017/3/30

 

図解入門業界研究 最新映画産業の動向とカラクリがよ~くわかる本[第3版]

図解入門業界研究 最新映画産業の動向とカラクリがよ~くわかる本[第3版]

 

 

 

なるほど! これでわかった 図解 よくわかる これからのヒューマンエラー対策

著:吉原 靖彦

 

 製造現場におけるヒューマンエラーの発生要因について説明し、どのような対策を行えばよいのかを、一般論として解説した本。

 ヒューマンエラーが起きる原因は、大きく以下の3種類があるとされる。特に、疲労は大敵である。

  • 人間的な側面
  • 作業環境に関する側面
  • 組織や人間関係や仕事に関する側面

 

 ハインリッヒの法則では、一つの重大事故の背後には29件の軽微な事故があり、その背後には300件のヒヤリハットがある。また、米国原子力発電運転協会は、STAR(S: Stop, T: Think, A:Act, R: Review )を提唱している。

 ミス防止の基本としては、指示命令→実施→報告のサイクルを確実に回し、特にヒヤリハットを含む異常時報告を重視する。ISO9001でも2015年版の8.5.1で作業ミス対策が求められている。

 3つの行動パターン(スキルベース、ルールベース、ナレッジベース)とヒューマンエラーの関連性。組織的取り組み、現場管理の取り組み、個人的な取り組み。現状把握→原因の追求→対策案の立案→対策案の実施→対策の効果の確認。

 原因の深堀には「なぜ」を5段階繰り返すのがよい。5Sの向上(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)→経営資源4M(人の質・設備の質・材料の質・方法の質)。PQCD(生産性向上・品質向上・コストダウン・納期厳守)。コストダウン(労務費削減・材料費削減・経費削減)。

 うっかりミスを防ぐ「ポカヨケ」の方式。早期発見のための工夫。ダブルチェック、チームワーク、コミュニケーションの活性化。管理・間接業務でのヒューマンエラー、設計業務でのヒューマンエラー人間中心の経営とヒューマンエラー。

 テーマごとに見開きで右ページが文章で左ページが図解という近年多い構成。白黒印刷だが、図解が多いので、読みやすい。地味な本だが、具体的で、よくまとまっている。

 

目次

1章 モノづくりのリスクとヒューマンエラー
2章 ヒューマンエラーを引き起こすメカニズム
3章 人間の特性とエラーの種類・分類
4章 ヒューマンエラー防止対策の取り組み方
5章 ヒューマンエラーの分析手法
6章 ヒューマンエラー発生防止への道1 モノ・作業方法の改善策
7章 ヒューマンエラー発生防止への道2 設備・冶工具の改善策
8章 ヒューマンエラー発生防止への道3 マネジメント・人の面の改善策
9章 ヒューマンエラー早期発見への道
10章 これからのヒューマンエラー対策

 

単行本、192ページ、同文舘出版、2017/10/13

 

なるほど!  これでわかった 図解 よくわかる これからのヒューマンエラー対策 (DOBOOKS)

なるほど! これでわかった 図解 よくわかる これからのヒューマンエラー対策 (DOBOOKS)

 

 

宗教国家アメリカのふしぎな論理

森本 あんり

 

 アメリカはキリスト教、特にプロテスタントの大国である。ただし、日本で仏教が日本独自の発展を遂げたように、アメリカのキリスト教も「土着化」し、ヨーロッパとは異なる独自の発展を遂げた。

 

 政教分離は、日本では政治から宗教の影響を排除することが目的のように言われるが、アメリカではむしろ逆で、宗教が政治から独立して活動することを保証する権利である意味が大きい。実際、政教分離によって宗教各派は、政治の介入をブロックし、自由に勧誘し、お金を集め、独自に発展することが保証された。

 

 自らの努力と神の祝福によって得られた「富と成功」は、アメリカン・ドリームとして正当化される。権威や権力と結びつきやすい一流大学卒のエリート主義への反発から、反知性主義が生まれる。反知性主義は知性を否定するということではなく、知性を権威や権力に使おうとする層への反発である。特に、リバイバル集会と呼ばれる野外で自由に人を集めて演説の上手な巡回説教師が、「神の前ではみんなが平等だ」と訴えることによって、反知性主義は支持を集めてきた。

 

 アメリカの二大政党の党大会は、多くの支持者を開拓してきた宗教の野外集会の伝統に似ている。また、反知性主義の考え方は大統領選挙にもみられ、歴史上何度も、エリート候補が親しみやすい庶民的な支持を集めやすい候補に敗れるということがあった。ジョンソンも、アイゼンハワーも、ブッシュもそうだった。トランプ大統領の誕生も同じ流れとして考えることはできる。そこに、アメリカ大統領選挙代理人制度の問題が絡む。

 

 ポピュリズムは、既存権力や体制への反発と結びつきやすいという点で、反知性主義と相性がよい。ポピュリズムは一種の代替宗教であり、そのため原理主義や、単純な善悪二元論になりやすい。また、アメリカはいつも自国優先(アメリカ・ファースト)だったが、その優先順位は時代によって変わってきた。異端は正統がしっかりしていてこそ、異端でありうる。

 

 現代のアメリカを、キリスト教の土着化という観点で解説している本である。終盤の理論展開には少し飛躍もみられるような気がしたが、宗教という点からアメリカの特質を説明していて、考えさせられた。

 

新書、208ページ、NHK出版、2017/11/8

 

図説 植物の不思議 ミクロの博物学

著:西永裕、写真:西永奨

 

 電子顕微鏡(SEM: Scanning Election Microscope)の第一人者であった西永奨(1955-2014)という人が撮影して着色しイギリスのScience Photo Libraryに収録されている約1800点の作品から、許可を得て故人の兄がセレクションして再編集したものをまとめた本である。

 単行本サイズだが、オールカラー。非常に美しく、目を奪われる。珪藻。フダンソウの発芽。花弁を取り去ったオダマキの雄しべと雌しべ。スギの花粉。エリカをはじめとする合弁花類。イラクサの毛状突起。ツバキの葉と葉脈。キイチゴの花粉。様々な植物の電子顕微鏡写真でとらえて着色した色鮮やかな写真が豊富に掲載されている。印刷の質は高い。

 

 英語になるが、西永奨氏の作品はScience Photo Libraryに収録されており、以下のサイトで見ることができる。本書にもそのURLが紹介されている。かつてこのような業績を残した日本人がいた、ということを忘れないようにするためにも、貴重な本であるように思う。

 

http://www.sciencephoto.com/search?subtype=contributors&searchstring=SNI

 

目次

第1章 植物の惑星(原生生物が酸素を排出)
第2章 花の進化論(花と生命の進化史)
第3章 花の図像学(花たちの生殖デザイン)
第4章 離弁花類(離れた花弁の花)
第5章 合弁花類(花弁が合わさった花たち)
第6章 花の器官(花たちの小宇宙)
第7章 花粉と受粉(2億5千万年の進化の記憶装置)
エピローグ 植物という恩寵

 

単行本、220ページ、秀和システム、2017/9/21

 

図説 植物の不思議 ミクロの博物学

図説 植物の不思議 ミクロの博物学