密林の図書室

日々読んでいる本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介のブックレビューのブログです。人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考え、このブログを立ち上げました。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

富士山大噴火が迫っている! ‾最新科学が明かす噴火シナリオと災害規模‾ (知りたい!サイエンス)

著:小山 真人

 

 富士山は活火山である。そして、著者によると、今の富士山の状態は、寝ている人がちょうど「寝返りをうった状態」ということだ。

 日本をよく知らない外国人であっても、Mt. Fuji はたいてい知っている。日本人にとっては桜と並んで日本を象徴する存在でもあるので、登ったり写真を撮ったりしたことのある人も多いだろう。しかし、科学的な視点から富士山について詳しく知っている人は意外に少ないのではないだろうか。本書は、噴火という視点から富士山の歴史と現状を分かりやすく解説している。図やグラフも豊富である。

 火山全般についての基本的な知識と解説及び富士山の特徴、現在の富士山の下には古い富士が埋まっていることや山体崩壊を起こして大きく形が変わったことがあること、現在の富士山の形になったのは比較的新しい時代であること、記録に残っている噴火の歴史と被害の紹介、富士五湖が今のようになった経緯、もし噴火があった場合の経済的な損失、ハザードマップや防災計画について、現在の富士山の活動の様子について紹介している。被害の可能性を考えると噴火は無い方がよいのはもちろんだが、一方で噴火がないままだと、富士山の形は年月を経るに従って崩れてしまうそうである。

 個人的には、いつ来るかわからない富士山の噴火のような災害に対して、いたずらに危機感をあおるだけのやり方では災害に対する備えとして十分とはいえないという著者の考え方にはうなずけるものがあった。

 

単行本、192ページ、技術評論社、2008/12/12

 

富士山大噴火が迫っている! ?最新科学が明かす噴火シナリオと災害規模? (知りたい!サイエンス)

富士山大噴火が迫っている! ?最新科学が明かす噴火シナリオと災害規模? (知りたい!サイエンス)

  • 作者: 小山真人
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2008/12/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 3回
 

 

 

日本の伝統色を愉しむ ―季節の彩りを暮らしに―

監修:長澤陽子、イラスト:エヴァーソン朋子

 

桜色(さくらいろ)、水色(みずいろ)、紅藤色(べにふじいろ)、菖蒲色(あやめいろ)、鶯色(うぐいすいろ)、東雲色(しののめいろ)、茜色(あかねいろ)、朱鷺色(ときいろ)、夏虫色(なつむしいろ)、今様色(いまよういろ)、露草色(つゆくさいろ)、古代紫(こだいむらさき)、若竹色(わかたけいろ)、山吹色(やまぶきいろ)、真紅(しんく)、花葉色(はなばいろ)、銀朱(ぎんしゅ)、桑色(くわいろ)、若紫(わかむらさき)、支子色(くちなしいろ)、赤銅色(しゃくどういろ)、緑青色(ろくしょういろ)、白群(びゃくぐん)、常盤色(ときわいろ)、根岸色(ねぎしいろ)、深緑(ふかみどり)、洗朱(あらいしゅ)、胡桃色(くるみいろ)、褐色(かちいろ)、撫子色(なでしこいろ)、他。

日本には1000以上の伝統色の名前があるそうです。その多くは、植物や生き物や、うつろう自然をヒントに生み出されていてます。そんな日本の色を、イラストと文章で綴った本です。文章もちょっとした教養に役立つ内容になっていますが、個人的には特にイラストの方が気に入りました。センスが良く、静かに情感に訴えてくる本です。

 

 単行本、176ページ、東邦出版、2014/6/13

日本の伝統色を愉しむ ―季節の彩りを暮らしに―

日本の伝統色を愉しむ ―季節の彩りを暮らしに―

  • 作者: 長澤陽子,エヴァーソン朋子
  • 出版社/メーカー: 東邦出版
  • 発売日: 2014/06/13
  • メディア: 単行本
 

 

ブロックチェーン技術の未解決問題

著:松尾真一郎、楠正憲、崎村夏彦、佐古和恵、佐藤雅史、林達也、古川諒、宮澤慎一

 

 ビットコインやイーサリウムを中心に、ブロックチェーン技術が抱える問題について、複数の識者が解説及び意見を書いたもの。

 執筆者が複数に分かれており、細切れで、書きぶりもバラバラで、同じような話が重複していたりして統一も取れていない。率直に述べて、複数の識者に丸投げした原稿を寄せ集めただけのように思える。また、必ずしも最新とは言いがたい情報が書かれている部分もある。

 ただ、セキュリティや暗号化やブロックチェーンの世界で有名な人たちが書いているだけあって、内容自体には興味深いものがいくつもある。

 

 透明性とプライバシーのトレードオフ。約10分間に1ブロック。ビットコインビザンチン将軍問題に有効だといえるのはどこまでなのか。ブロックサイズの問題。SegWit(Segregated Witness)。Selfish mining(ちょうどMonacoinが5月15日までにロシアの取引所でこの攻撃を受けブロックチェインの書き換えが発生している)。Fast Payment(決済時に10分も待てないので店舗が署名検証とUTXOの確認をした時点で暫定的に支払い完了とする)の脆弱性。ブロックを拡散させる際に送るInventoryメッセージを悪用したDDoS攻撃。署名鍵の失効機能が無いこと。鍵管理の問題(HSMなどを使う)。The DAO(Distributed Autonomous Organization)事件であきらかになったスマートコントラクトにおいて脆弱性が発生する可能性。セキュリティの3大要素(秘匿性・完全性・可用性)でみた場合の可用性の確保。セキュリティのレイヤ別にみた場合の問題。ビットコインのコミュニティ自体の未熟性。標準化の動向と課題。このようなことが書かれてある。

 

 ブロックチェーンの初学者向けの本とはいいがたく、ある程度の基礎知識がある人向けであるが、そのような本だと最初から理解して手に取る分には悪くない本である。

 

単行本、216ページ、日経BP社、2018/1/18

 

ブロックチェーン技術の未解決問題

ブロックチェーン技術の未解決問題

  • 作者: 松尾真一郎 他
  • 出版社/メーカー: 日経BP
  • 発売日: 2018/01/18
  • メディア: 単行本
 

 

下町ロケット

著:池井戸 潤

 

半沢直樹」で一気にブレイクした池井戸潤が、

第145回直木賞を受賞した作品。

その後、TBSのドラマとしてもヒットした。

物語開始早々、いきなりの試練連発。

町工場の中小企業を襲う、取引打ち切りに、特許訴訟。

しかし、これらはロケットに例えれば1段目に過ぎないことに、途中で気づく。

そして、後半の展開へ。。。

出来過ぎなくらい、よく構成されていて面白い。

そして、心を揺さぶられる。

一気に読ませる見事な長編だった。

それにしても、「空飛ぶタイヤ」は、三菱自動車リコール隠しがモデルになっていたし、この作品に登場する帝国重工は、明らかに三菱重工だろうし、

池井戸氏自身も三菱銀行出身で、半沢直樹シリーズはそんな大銀行が舞台。

こうやってざっと見ていくと、三菱グループがこの人の代表作のヒントになっているように思える。

いずれにせよ、痛快で面白かった。

 

496ページ、小学館、2013/12/26

下町ロケット (小学館文庫)

下町ロケット (小学館文庫)

 

 

前処理大全[データ分析のためのSQL/R/Python実践テクニック]

本橋 智光 (著)

 

 ビッグデータは様々なデータをためる仕組みであり、機械学習はデータで学習させる。統計的な手法を駆使して分析を行うデータサイエンティストも引っ張りだこだ。それらに共通することはデータである。しかし、データを高い利便性で利用しようとすると、分析の前処理は欠かせない。このため、データの前処理はデータ分析業務の8割を占めるといわれる。

 

 本書は、この前処理に焦点を当てた本である。プログラミングレベルの内容で、SQL/R/Pythonの3つの言語が想定されてあり、実際のサンプルプログラムを例示しながら解説が行われている。サンプルコードは、すべて指定のサイトからダウンロードできる。本書で解説されている前処理は、以下のようなものである。

 

・抽出:条件指定や列指定抽出、サンプリング

・集約:カウント、合計、代表値、分散値と標準偏差、最頻値、順位

・結合:マスターテーブルの結合、全結合、過去データの結合

・分割:モデル検証用のデータ分割、検証用のデータ分割

・生成:アンダーサンプリング、オーバーサンプリング

・展開:横持ち変換、スーパーマトリックスへの変換

・数値処理:非線形な変化、正規化、外れ値除去、欠損レコード削除

・カテゴリ型:カテゴリ型への変換、補完、集約

・日時型:日時型への変換、日時型への変換や差分、平日と休日、季節や時間帯

・文字型:形態素解析。単語の集合データ。単語の重要度設定

・位置情報:日本測地系から世界測地系、2点間の距離や方角の計算

 

 ひたすら様々な前処理向きのデータ編集のコードの説明が続く。ひとつひとつであれば、検索エンジンで調べれば出てくるものがほとんどではあるが、これだけまとまって一冊になっているのは便利である。もっとも、それぞれ、SQL/R/Pythonで書かれているので、多くの人がそうだと思われるが、どれか1つしか必要としない人にとっては読まなくてもいいページもたくさんある。最後の章はまるごと演習問題になっている。尚、本書は数値・文字・理論値が対象であって、画像・音声・動画は対象ではない。

 

大型本、336ページ、技術評論社、2018/4/13

 

前処理大全[データ分析のためのSQL/R/Python実践テクニック]

前処理大全[データ分析のためのSQL/R/Python実践テクニック]

  • 作者: 本橋智光
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2018/04/13
  • メディア: 大型本
 

 

ブランド王国スイスの秘密

著:磯山 友幸

 

「値下げ競争を続けていると、消費者は製品に敬意を示さなくなる。10ドルで売っているようなブランドの製品を妻や友達にプレゼントするような人はいない」。

「日本メーカは価格を重視して戦略を立てているが、それではダメだ。価格主導で需要喚起できるのは最低価格帯だけ。しかも、その価格帯では利益を出すことはできない」(スウォッチ・グループ:ニック・ハイエック)


 日本でも「レクサス」のようなブランド戦略をとっている企業はあるが、企業名=ブランドという例が圧倒的に多い。しかし、スイスには以下のようにブランドによって商品を差別化して成功している企業が多い。本書は、その秘密と背景に迫った本である。


 これら以外にも、UBSクレディ・スイスに代表される金融機関、ノバルティやロシュといった医薬品会社、人材派遣業世界最王手のアデコといった企業が、このわずか人口730万人の国に籍を置く。

 企業レベルだけでなく、それらを生み出すスイスという国家自体の特徴や歴史も紹介している。高い物価、狭い国土、教育重視、勤勉性、強力な銀行の守秘義務、低い法人税相続税が無い、生活の質の高さ、国民の多言語能力。スイスという国自体がひとつのブランドになっているという。一方で、航空業界のように失敗例もある。最後に著者は、日本がスイスから学べる点として、以下の7つを挙げている。

1.高付加価値経済と強い通貨
2.プライベートバンク機能
3.美しい国
4.活力生む若手活用
5.老人が早期に会社以外の人生を求め、若者へのチャンスを与えて社会も活性化
6.外国人の活用
7.小さな政府

 「スイス企業のブランド戦略に、中国に追い上げられる日本企業が学ぶことは数多いはずである」という著者の指摘は印象に残る。多少円安に触れたとしても、新興国との価格競争の道は厳しい。

 一方、勤勉性や国土の狭さは共通するが、日本はスイスとは違うユニークさを持った国である。この国の強みや良さを意識して強化・アピールすることで、様々な形で世界で存在感を高めるにはどうすればいいのか、少し古い本だが、その可能性についていろいろ考えさせられた。

 

単行本、230ページ、日経BP社、2006/2/23

 

ブランド王国スイスの秘密

ブランド王国スイスの秘密

  • 作者: 磯山友幸
  • 出版社/メーカー: 日経BP
  • 発売日: 2006/02/23
  • メディア: 単行本
  • クリック: 16回