密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

はじめてみようSlack 使いこなすための31のヒント

編集:Slack研究会

 

コミュニケーションツールとして広く使われているSlcakについての入門書。48ページまでがカラーで、あとは白黒印刷。

 

チームへのjoinの方法。パブリックチャネル(メンバー全員に公開)、プライベートチャネル(招待されたメンバー向け)、ダイレクトメッセージ(1対1用)の違い。管理者のメールアドレスを入力して「Create New Team」し、メンバーを招待する。プロファイルの設定。特定のメンバーに呼びかけるメンション(@username, @everyone, @here, channel)。ファイルやメッセージの共有。ポストを使った文書の共同編集。Google Driveの共有。TwitterやDropboxとの連携。リマインダー機能。チャネルの管理。メンバー管理(プライマリーオーナー・オーナー・アドミン)。このようなことが載っている。

 

画面を使った実際の操作例が中心になっており、ぱっと見でわかりやすい。使っているうちにわかることや検索すれば出てくるような使い方説明が大半であるが、最初のころはなかなかよくわからないもの。超入門向けとしてはわかりやすくて良い本であるように思われる。

 

単行本、232ページ、パーソナルメディア、2016/8/3

 

はじめてみようSlack 使いこなすための31のヒント

はじめてみようSlack 使いこなすための31のヒント

  • 作者: Slack研究会
  • 出版社/メーカー: パーソナルメディア
  • 発売日: 2016/08/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)