密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

高倉健主演の映画にもなった表題作を含む8作品。平成の泣かせ屋、浅田次郎の傑作短編集。「鉄道員(ぽっぽや)」

著:浅田 次郎

 

この本は、通勤・通学の電車やバスの中で読むのはおすすめできない。
実際、止めておいて本当によかった。


「平成の泣かせ屋」として知られる作家の短編集。

以下の8つの作品が収録されている。

 

  • 鉄道員(ぽっぽや)
  • ラブ・レター
  • 悪魔
  • 角筈にて
  • 伽藍
  • うらぼんえ
  • ろくでなしのサンタ
  • オリオン座からの招待券


幽霊が出てくる話や人の生死、人生の転機を扱ったものが中心である。

解説で北上次郎が書いているように、つい自分はどれが一番お気に入りだろうかと考えてしまうくらい、粒ぞろいだ。

表題作は、高倉健の主演で映画としても大ヒットした。

 

それぞれの作品の製作背景や、長編と短編を書く違いについて語った著者の「あとがき」も興味深く読めた。

直木賞受賞作。

 

文庫、304ページ、集英社、2000/3/17

鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)

鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)

  • 作者: 浅田次郎
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2000/03/17
  • メディア: 文庫
  • 購入: 8人 クリック: 42回