密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

ボナール展の予習復習用にも最適。ピエール・ボナールの魅力と生涯。「もっと知りたいボナール 生涯と作品 」

著:高橋 明也、島本 英明

 

 フランスの画家ピエール・ボナール(Pierre Bonnard,1867-1947)の作品をその生涯とともに紹介した本である。

 ボナールは、ポスト印象派とモダンアートの間に位置するナビ派と呼ばれるグループの中心的な芸術家であり、日本美術が大好きで、「ナビ・ジャポナール」日本かぶれのナビ)と呼ばれていた。

 

 印象派ほど有名ではなく、モダンアートほど前衛的ではないことから、ボナールをはじめとするナビ派の人気と知名度はいまひとつであったが、近年は再評価と見直しが進んでいるという。

 

 ボナールの人生は、時代的には2つの世界大戦に重なる。しかし、作品にはそんな暗さは見られない。大胆なポーズの裸婦像。猫や子供。明るくまばゆく色鮮やかな庭や自然。神話的世界。版画やポスターにも力を注いだ。本書には、彼の多彩な作品が紹介されている。

 

 ナビ派の画家たち。「美しく描かねばならない」という言葉がボナールにとってひとつの規範になったルノワール。自宅から5㎞しか離れていないところにアトリエがあったモネ。盟友となったマティス。歴史上の多くの芸術家がそうであるように、ボナールもまた、他の芸術家たちとの交流によって切磋琢磨していたことも、解説されている。

 

 薄いが、オールカラー。印刷も良好で、解説もわかりやすくコンパクトにまとまっている。海外だけでなく日本にもボナール作品を所蔵する美術館はいくつもあり、巻末にはその一覧がある。

 

単行本、79ページ、東京美術、2018/8/1

もっと知りたいボナール 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたいボナール 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

  • 作者: 高橋明也,島本英明
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2018/08/01
  • メディア: 単行本