密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

SAP 会社を、社会を、世界を変えるシンプル・イノベーター

 

 編集:日経BPビジョナリー経営研究所

 

 ERPで有名なドイツのソフトウェア企業SAPについて書かれた本。わかりやすくは書かれている。ほとんどSAPのことを知らなくても、この本で概略はわかる。SAPはこういう特徴がある、こういう製品とサービスがある、こういう歴史がある、すごい会社だ、ということがずっと書かれている。SAP社の概要を理解するには良い本だ。

 

 ただ、あくまでもSAP社のヨイショ本であって、クラウドERPではSalesForceの猛攻に遭っている、クラウドで影が薄い、イノベーション分野では出遅れている、分析分野ではTableauにシェアを食われている、日本ではERPの会計は売れているけどそれ以外はイマイチ、いろいろ買収してERPの比率は下がってはいるがしょせんはERP頼み、といった悪いことは何も書かれていないか少ししか触れられていない。よくも悪くもそういう本だと割り切って読むなら悪くない。尚、この本はあSAPという会社の紹介本であって、技術の本では無い。

 

単行本、344ページ、日経BP社、2014/12/16

 

SAP 会社を、社会を、世界を変えるシンプル・イノベーター

SAP 会社を、社会を、世界を変えるシンプル・イノベーター

  • 作者: 日経BPビジョナリー経営研究所
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2014/12/16
  • メディア: Kindle版