密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

英語で日記を書くなら手元にあれば便利な一冊。『英語日記パーフェクト表現辞典』

著:石原 真弓

 

 英語日記用の本はいくつか出ているが、本屋さんで過去にいろいろ比較してみた限り、これが最強ではないかと考える。けして、大げさではない。

 まず分量。表現数が13,000。ページ数も735ページもある。たっぷりとした量である。

 分量だけでなく、質的にもバリエーションが豊富である。例えば、楽しい人だとか、魅力的な人だというような人の性格表現だけで120文以上あった。気持ちの表現も400近い。これだけあれば、かなり足りる。

 「除雪車が通った後の雪のかたまりを片付けた」「税金の無駄遣いだけはやめてほしい」「なんばグランド花月に、吉本新喜劇を見に行った」「ワンピースを一気に15巻まで読んだ」「たまにはナンパされたい」「ゴミ出しのルールを守らない人がいる」「実習での反省点をしっかり書き留めておこう」「緊急地震速報が流れると怖くなる」と、きめ細かい表現例もいろいろ載っている。

 また、要点がよくまとまっており、英語日記だけでなく、日常会話においてもそのまま応用できそうなものも多い。

 しかも、盛りだくさんの内容なのに、意外に見やすく構成されている。おススメである。

 

 ちなみに、全体の章立ては以下の通りだが、全体の約5/7が第4章となっている。

 

1章 英語日記に役立つ文法
2章 英語日記でよく使う構文
3章 間違えやすいポイント
4章 英語日記フレーズ集

 

単行本、735ページ、学研教育出版、2012/8/1

 

英語日記パーフェクト表現辞典

英語日記パーフェクト表現辞典

  • 作者: 石原真弓
  • 出版社/メーカー: 学研教育出版
  • 発売日: 2012/08/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 2回