密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

海に面した30の無人駅。「海駅図鑑 海の見える無人駅」

著:清水浩史

 

 全国30の海に面した無人駅を旅行記風に紹介した本。巻頭部分にそれぞれの駅を撮影したカラー写真があり、あとはモノクロ印刷で一部写真入りの文章が続く。

 ホームに立つともう海の気配しかないという北舟岡駅(北海道)の近くにはバッタ塚がある。轟木駅(青森)では秘島の久六島への船旅についても書かれている。堀内駅(岩手県)はNHK連続テレビ小説「あまちゃん」に登場した駅。

 浦宿駅(宮城)は震災後にホームがかさ上げされているという。越中国分駅(富山)は絶景が続くことで有名な氷見線にある。波田須駅(三重)は、線路の前も後ろもトンネルという山間の海駅。

 馬路駅(島根)の近くの琴ヶ浜は鳴き砂の浜である。田井ノ浜駅(徳島)は海水浴場まで徒歩0分。下灘駅(愛媛)は「青春18きっぷ」で有名になった駅。大三東駅(長崎)は有明海に面していて線路とホームが海水面に近い高さにある。

 どれも、2015から2016年まで著者が訪れて厳選した駅である。「図鑑」というタイトルは違うのではないかと思われるが、海駅ならではの風情を感じさせてくれる。

 

単行本、280ページ、河出書房新社、2017/2/18

海駅図鑑 海の見える無人駅

海駅図鑑 海の見える無人駅

  • 作者: 清水浩史
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2017/02/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)