密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

プチ整形手術が普通になってきた世の中で。女性の立場で書かれた、「整形した女は幸せになっているのか 」

著:北条 かや

 

 タイトル通りの本。読みながら、「この本は男には書けないな」と思った。実際、ところどころ、同性ならではの細やかな女性心理にもとづく意見やトレンドの微妙な移り変わりを踏まえた見解がみられる。例えば、近年「プチ整形」に走る人が増えているところを、化粧のスタイルの変化などと絡めて論じているところとか、ネットで募ったという3人のインタビューと中村うさぎのインタビューから、賛否はともかく、一般にはなかなか公言しづらい本音ベースの意見を引き出しているところはなかなか興味深かった。

 ただ、全体の組み立てという視点ではもうひとつのところがある。何より、ところどころマンガなどのフィクションの解説になっている部分は、確かにそれらは名作ではあるのかもしれないが、この取り上げ方では、ちょっと冗長すぎるように思われる。もう少し手間暇かけて、実際の人の声や、アンケートやデータ、生々しい反対意見、あるいは医者へのインタビューなどのリアルなネタをもっと厚めにするべきだったのではないかと思う。整形の歴史とか整形技術の進歩の話しの織り交ぜ方もあまりうまくない。面白いテーマだが、論説文としてはもう一段工夫の余地があったように思われる。

 

新書、272ページ、講談社、2015/5/26

 

整形した女は幸せになっているのか (星海社新書)

整形した女は幸せになっているのか (星海社新書)

  • 作者: 北条かや
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/05/26
  • メディア: 新書