密林の図書室

日々読んでいる本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介のブックレビューのブログです。人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考え、このブログを立ち上げました。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

すべてわかる IoT大全2018

 編:日経コンピュータ

 

 IoTの本。2018年版である。5章構成だが、大きくは、事例やトレンドを具体例中心に紹介した部分と、基盤やセキュリティといった技術解説を中心とした部分の大きく分けて2つに分けられる。

 

 おすすめなのは事例中心の部分。船舶IoT、農業向けのIoT、テレマティクスの活用例、SIGFOXやLoRaWANの利用例など、多くの事例が載っており、日経コンピュータの取材力が生きている。この部分は非常に良い。

 

 一方、技術解説部分については、以下のような無線LANの規格の比較、MQTTやLPWAの解説、IoT機器へのDDoS攻撃の話があるが、どちらかというとピンポイント的なものである。

f:id:ColdSnap:20180219061839p:plain

 

  ムック本サイズでオールカラー。図解や写真が多く、具体的で見やすい。技術解説のための本としての価値はそれほどではないかもしれないが、検討や情報収集のための事例集と割り切っても十分手にする価値があるように思われる。

 

目次

第1章 IoT入門

第2章 広がるIoTの活用分野

第3章 IoTの最新事例

第4章 IoTを支える基盤技術

第5章 IoTのセキュリティ

 

ムック本、228ページ、日経BP社、2017/11/29

 

すべてわかる IoT大全2018 (日経BPムック)

すべてわかる IoT大全2018 (日経BPムック)