密林の図書室

日々読んでいる本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介のブックレビューのブログです。人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考え、このブログを立ち上げました。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

遠野物語 (光文社文庫)

著:森山 大道

 

 森山大道は不思議な写真家だ。美人を撮るのでもなければ、美しい景色を美しく撮るということもなく、いったい何が映っているのかよくわからないものすら珍しくない。そうして、「アレ・ブレ・ボケ」と評される写真を世に送り続けてきた。この「遠野物語」もまさにそういった写真集のひとつである。もちろん、柳田国男の有名なものとは全く違う。なのに、ここには確実に「日本」のひとつの地方のひとつの時代が映っている。

 

 文庫なのでサイズが小さいのが残念ではある。ただ、もっと大きいのに越したことはないのだが、森山の作風からいくと、小さくてもそれはそれである程度は我慢できる。どうせ、大きくしたところで、すごい美しいものが映っているというわけではないのだし。さらに書くなら、この人の場合、何が映っているかは実はそんなに重要ではないかもしれない。もっと書くなら、エッセイ部分もあるが、はっきりいって、大した文章だとは思えない。

 

 しかし、やはり森山の作品はすごい。天才である。間違いなくひとつの時代を作ったし、極めて当時の日本的な部分をとらえてもいる。タイムカプセルに入れておくべき価値のある見事な作品集である。

 

文庫、221ページ、光文社、2007/4/12

 

遠野物語 (光文社文庫)

遠野物語 (光文社文庫)

  • 作者: 森山大道
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2007/04/12
  • メディア: 文庫
  • クリック: 26回