密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

新・可笑しな家

著:黒崎 敏

 

 世界の変わった住まいを50件選び、写真中心に紹介した本。カラー印刷。びっくりするような家がいくつかある。著者は一級建築士

 

 船をひっくり返して作った家。大きな靴の形をしたインドの「フルーツハウス」。ベトナムの「妖しの館」はガウディ顔負け。スペインのグラナダにある「仮面の家」のデザインも斬新だ。ポーランドの世界最狭の家は他の本でも見たことはあるが、ここでは内部も紹介されている。

 セルビアの川の中の岩の上に建てられた家も、よくぞまあ、こんなところに建てたものだと感心する。アメリカの巨大バスケットの建造物は7階建てで日用品製造メーカーの本社ビル。

 イギリスは可笑しな家の宝庫で「小屋大賞」という賞もあるため、いろいろ紹介されている。特に、「カモメの卵」は川に浮いている卵の形をした家で、とても変わっている。同じイギリスには「滑り台の家」というのもある。

 表紙の写真になっているのはフランスの「フクロウ荘」。同じフランスには「バッタの巣」という変な建築物もある。イタリアの南チロルの「岩に登った家」も変わっている。中国の「歩く家」は、かなり有名らしい。

 立地や形は奇妙だが、中身は普通かなという家も多い。住むということの意味を少し考えさせられる。

 

単行本、144ページ、二見書房、2017/7/26

 

新・可笑しな家

新・可笑しな家