密林の図書室

日々読んでいる本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考え、このブログを立ち上げました。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

副業で個人事業主になれれば特別控除65万円の節税などが可能。『オールカラー 個人事業の経理と節税のしかた』

監修:益田あゆみ

 

 個人事業主という制度がある。以下の国税庁のホームページから「開業届」をダウンロードして記入し、近くの税務署に持っていって、継続的に収入があるといった条件を満たすことで事業を営んでいると認められれば、「個人事業主」として認められる。会社勤めをしている人が副業をやる場合でも構わない。

[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続|国税庁

 

 この個人事業主制度の最大のメリットは、青色申告が可能になり、65万円までの税控除が認められること。事業にかかる費用を経費にもできる。しかも、赤字になれば損を翌年に繰り越せるので、翌年に黒字になったらその繰り越し分を引いて節税することもできる。大変お得な制度といってよい。ただし、青色申告を受けるためには、毎年決算書を作成して青色確定申告をする必要がある。

 

 この本は、その青色確定申告のために日々必要になる経理処理のやり方について書かれたものである。初心者向けにとてもやさしく書かれてあり、具体的には、勘定科目の考え方、源泉徴収、年末調整のやり方、所得控除・税額控除、確定申告書の作成方法といったことについて丁寧に説明している。オールカラーで、図表や記入例が半分近くを占める構成になっている。だいたいこのくらい知っていれば大丈夫だろう、といえるような内容であり、勉強になった。

 

単行本、224ページ、西東社、2016/1/13

 

オールカラー 個人事業の経理と節税のしかた

オールカラー 個人事業の経理と節税のしかた

  • 出版社/メーカー: 西東社
  • 発売日: 2016/01/12
  • メディア: Kindle版