密林の図書室

日々読んでいる本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考え、このブログを立ち上げました。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

オールカラーで写真が美しい。ノイシュバンシュタイン城、マチュピチュ、竹田城も。「世界の天空の城 歴史ロマンあふれる夢想風景」

世界にある小高い丘や山岳部に作られた城の数々を写真を中心に紹介した本。オールカラー印刷で、44の城が載っている。

 

  • オスマントルコ侵略に備えて作られた14の堅固な門を持つホッホオスターヴィッツ城(オーストリア)。
  • 小国サンマリノの独立を守り抜いたグアイタ城砦(サンマリノ)。
  • アルプスに生えるチロル城(スイス)。
  • 天空の城壁都市チヴィタ・ディ・バーニョレージョ(イタリア)。
  • 豊穣のビーナスが宿るというノルマン城(イタリア城)。
  • ライン湖畔で唯一戦禍を逃れた名城マルクスブルグ城(ドイツ)。
  • あまりに有名で美しいノイシュバンシュタイン城(ドイツ)。
  • 険しい山上に築かれたカタリ派最後の砦ケルヴィス城(フランス)。
  • 1200もの古城が残るドルドーニュ川流域のべナック城(フランス)。
  • 1200年もの間、英国の玄関を守り続けたドーヴァー城(イギリス)。
  • 満潮時しかたどり着けない聖なる島の古城リンディスファーン城(イギリス)。
  • 天空を埋め尽くす城塞村モレーニャ(スペイン)。
  • 「白雪姫」のモデルになったセゴビア城(スペイン)。
  • エーゲ海に浮かぶアリンドスのクロポリス(ギリシャ)。
  • クリミア半島に突き出す断崖のスワローズ・ネスト(ウクライナ)。
  • 十字軍が築いたクラック・デ・シュヴァリエ(シリア)。
  • 一枚岩を掘りぬいた洞窟城壁ウチヒサル城壁(トルコ)。
  • 荘厳な砦メヘラーンガル城壁(インド)
  • 他。

 

ヨーロッパが中心だが、日本の犬山城竹田城もある。南米のマチュピチュや中国の万里の長城も紹介されている。写真はどれも選りすぐりで、とても美しい。行きたくなる。文章は最小限である。

 

単行本、192ページ、青幻舎、2016/11/30

 

世界の天空の城 歴史ロマンあふれる夢想風景

世界の天空の城 歴史ロマンあふれる夢想風景

  • 作者: 水野久美,アフロ
  • 出版社/メーカー: 青幻舎
  • 発売日: 2016/11/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)