密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

2018-07-07から1日間の記事一覧

レーダー、ヘルキャット、VT信管。効果的な迎撃システムとその運用。『太平洋戦争 日本の敗因〈3〉電子兵器「カミカゼ」を制す』

編集:NHK取材班 この本の元になっているNHKの番組は当時見た。しかし、この本の内容は元々の番組とは少し違う印象を受けた。番組では、レーダー、ヘルキャット、VT信管の3つに特に焦点が当たっていた。しかし、本書はレーダとレーダを使った迎撃システムの…

プレゼン資料に!Webサイトのデザインに!デザインは今は一般常識。だから読みたい「やさしいデザインの教科書[改訂版] 」

著:瀧上 園枝 デザインの基本は、情報が正確に伝わるようにきちんと整理して見せることで、目的となるアクションを促すことだという。デザインの基本について説明した本。この本自体が、ビジュアル性を重視し、テーマごとに伝えたいことがわかりやすく整理…

中国の産業スパイ網 世界の先進技術や軍事技術はこうして漁られている  (アメリカだけでなく、これは「すべて日本にもあてはまる」という衝撃の内容)

著:ウィリアム・C. ハンナス、アナ・B. プイージ、ジェームズ マルヴィノン、訳:玉置 悟 「中国が非公式に先進技術を入手しようと手を伸ばしている相手はアメリカだけではない。すべての先進国がこの問題に直面している。その筆頭は、中国のすぐ隣の国だ。…