密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

2018-03-22から1日間の記事一覧

やっぱりDUO。『DUO 3.0』

.著:鈴木 陽一 英語学習者のうち、かなりの人が、一度はこの教材を通過しているのではないだろうか。ロングセラーの教材である。基本的な語彙を詰め込んだ例文がずらりと並ぶ。例文は「米国の大学教授3名を含む15名のネイティヴと共に完成」とある。ひとつ…

Linuxシステム[実践]入門 (Software Design plus)

著:沓名 亮典 Linuxのおさらい用に本屋で買って、ざっと読んだ。手に取ってぱらぱら見た時には、とても読みやすそうに思たからだ。 実際、Linuxの基礎知識、シェルとシェルスクリプト、カーネル、標準入力・標準出力・標準エラー出力、ファイルシステム、ユ…