密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものだと考えてきたので、このブログを立ち上げて日々読んできた本の備忘録として活用しています。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

今さら読んでみた、「コンビニ人間」

著:村田 紗耶香

 

第155回芥川賞を受賞して話題になった「コンビニ人間」を、今さらながら読んでみた。

 

定職に就かず、同じコンビニでのアルバイトを18年間続けている未婚の女性、吉倉恵子が主人公。男性とつきあったことは一度もない。一人で、素朴につつましく生きている。本人は特にその生活に不満を覚えていない。しかし、家族は、36歳になるまで一度も定職に就かずにコンビニバイトだけを続け、結婚もせず彼氏も作ろうとしない彼女を心配し、「治そう」としてくれている。

 

ある日、そのコンビニに、白羽という男が雇われる。しかし、勤務態度が悪い上に、女性客の住所を突き止めようとストーカーまがいのことをしたため、クビになる。一方、本人は何も問題を感じていないのに周囲から普通ではないと思われている吉倉は、普通になろうと努力していると見せるために、この白羽に目をつける。

 

それほど時間をかけずに読める小説である。せりふ回しが少々大げさに感じるところはあるが、筋書きは悪くない。コンビニは社会に浸透してなくてはならないものになっているが、それを支える店員は低賃金重労働であり、明日の保証があるわけでもない。18年同じコンビニで働いていてそれに不満も感じていないアルバイト店員という物語の設定が良かったのだろう。最後は少し救われる。

 

文庫、168ページ、文藝春秋、2018/9/4

コンビニ人間 (文春文庫)

コンビニ人間 (文春文庫)