密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものだと考えてきたので、このブログを立ち上げて日々読んできた本の備忘録として活用しています。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

縮む世界でどう生き延びるか?

著:長谷川 英祐、イラスト;いずもり・よう

 

「生物は様々な要因により、あることを実現すると別のことを実現できないという関係(トレードオフ)に縛られており、その許す範囲でしか環境に適応できません。このような不自由さが、生息可能な空間は生物が適応可能ないくつもの区分(ニッチ・生態的地位)に区切られているという結果をもたらしました。各種の生物が持つ形態は、それぞれのニッチに適応してそうなっているのです」。


 特定の生物の数が増えたり減ったりすることと環境がどのような関係にあるかを説明した本。人口減少社会を迎えた現代日本と重ね合わせながら解説している点に特徴がある。著者は生物学者。

 生態系は特定の種が環境の変化によって増えたり減ったりをしている状態が自然。そして、生態系が膨らむのに適した環境に変化したときには短期間で数を急激に増やす方が有利に働く。

 成長は必ず環境による限界があり、飽和に達したり環境自体が変わると成長が衰退に転じる。一方、安定した飽和環境になれば、小さい規模にしてひとつの個体の寿命が延びて世代交代の間隔も長くなった方が各自の遺伝子を残すためには有利になる。

 大規模な生物のコロニーでは自然と役割分担ができるが、小さい安定したコロニーでは各ワーカーは何でもできる汎用性を備えた方が良い。

 また、成長している環境でも低成長のニッチは存在する。特殊で小さなエリアで生き残るならむしろガラパゴス化してニッチに活路を見出す方がよい。

 そして、成長しない社会では、そのニッチでの優位性を生かした老舗化や名門ブランド化といった戦略が有利になる。

 要するに、縮む世界や低成長の社会にはそれに適した生存の法則があり、縮んでも個は生き続ける。生物一般の法則の全てが経済や人間社会に適用できるかはともかく、ひとつのヒントにはなるかもしれない。

 

新書、207ページ、メディアファクトリー、2013/2/28

縮む世界でどう生き延びるか? (メディアファクトリー新書)

縮む世界でどう生き延びるか? (メディアファクトリー新書)

  • 作者: 長谷川英祐
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / メディアファクトリー
  • 発売日: 2013/06/07
  • メディア: Kindle版