密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものだと考えてきたので、このブログを立ち上げて日々読んできた本の備忘録として活用しています。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

『章説-トキワ荘の青春』(中公文庫)

著:石ノ森 章太郎

 

 石ノ森章太郎がトキワ荘時代を語った本。2008年に出版されたものを再構成して再販したもののようだ。漫画的な挿絵が時々載っているが、あくまでも文字で書かれている。

 

 子供のころから最大級の読者であり支えてくれた3歳違いの姉が23歳になる直前に死んだ記憶。トキワ荘にやってきたときのこと。『純喫茶エデン』。手塚治虫。高井研一郎。藤子不二雄。料理がうまかった赤塚不二夫。

 『漫画少年』への連載。プロとしての実質デビューとなった『少女クラブ』。名古屋での思い出。寿司が嫌いになったカンズメの毎日。漫画家と掛け持ちで動画撮影を機に東映動画に出社。南京虫騒動。トキワ荘時代に描いていたのは半分は少女漫画だったそうで、その読者だった、里中満智子、萩尾望都、竹宮恵子、高橋瑠美子らと交流するようになったこと。

 

 『少女クラブ』と『漫画少年』が休刊する一方、新しい漫画雑誌が次々登場し、仕事の量が一気に増える。苦悩して逃避行もかねて行った世界一周の旅。漫画芸術を目指そうとしてうまくいかなかったこと。結局何からも逃げられないと悟ったあと、「サイボーグ009」が生まれたこと。

 

 寺田ヒロオ。藤子不二雄。鈴木伸一。森安直哉。つのだじろう。園山俊二。赤塚不二夫。横田徳男。長谷邦夫。水野英子。仲間が次々と引っ越していって、ただの雑居アパートになったトキワ荘に残った最後の一人になったこと。「スタジオ・ゼロ」の思い出。

 未完成の魅力。「マンガは青春」なのだという。文体は固めで古めだが、内容は面白かった。

 

文庫、278ページ、中央公論新社、2018/10/23

章説-トキワ荘の青春 (中公文庫)

章説-トキワ荘の青春 (中公文庫)

  • 作者: 石ノ森章太郎
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2018/10/23
  • メディア: 文庫