密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

自立した国際派女性の先駆け。31年続いた兼高かおる世界の旅。『わたくしが旅から学んだこと 』

著:兼高 かおる

 

 先日、90歳で亡くなった兼高かおるさんのエッセイ。パンナムの提供で長く続いた『兼高かおる世界の旅』というテレビ番組を31年務めた人である。そう苦労することなく、あっさり読める。

 

 おてんばだった子供のころ。アメリカへの留学。体調を崩して一時帰国したら当時留学に必要だったスポンサーのサポートが得られなくなってしまったこと。

 英語力を生かしてジャーナリストに転身。早回り世界一周記録を持っていたカボリー氏のインタビューがきっかけで自身も挑戦を計画し、プロペラ機による最速の世界一周記録を作って注目されたこと。

 

 その後、海外取材番組に抜擢され、やがて『世界の旅』を始める。当初予定は2年だったそうだが、それが31年も続いた。それが打ち切りになったときの経緯についても書かれている。

 

 「『これしかない』わたしはこの言葉が好きではありません。断定的でいかにも強そうですが、このような発想は考えの幅が狭く、いざというときに臨機応変に対応できない上に、自分の可能性をとことん試そうとしていないのです。『世界の旅』の番組を作っていたときにも『これしかない』といった発想はわたくしにはありませんでした。あらゆる可能性を常に追求していました」。

 

 ケネディ大統領やチャールズ皇太子との会見。北極点に立ったときの様子。当時の貴重な写真もいくつか紹介されている。また、取材をしていたときの裏側や苦労、エピソード、近況、「人生は誰しも一生に二度、大きな運がある」というような自身の考え方をいろいろ披露しているところもある。「42歳定年説」という主張はちょっとびっくりした。

 

 自立した女性として世界に飛び出し、非常に個性的な人生を歩んだ。国際派女性の先駆けのような人だった。

 

文庫、217ページ、小学館、2013/3/6

わたくしが旅から学んだこと (小学館文庫)

わたくしが旅から学んだこと (小学館文庫)

  • 作者: 兼高かおる
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2013/03/06
  • メディア: 文庫