密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものだと考えてきたので、このブログを立ち上げて日々読んできた本の備忘録として活用しています。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

ネイティブが「がっかり」する日本人の英語140

著:デイビッド・セイン

 

 こういう言い回しの方がいい、という英語の表現を集めた本。1ページ1表現。以下のようなものが言い換えの推奨表現として載っている。

 

Be careful. -> Take care.

Can I borrow the toilet? -> Could I use your bathroom?

How much? -> How much is it? /What’s the fare? /How much does it cost?

I’m fine. -> Pretty good. / Quite well. / Couldn’t be better.

Long time no see. -> It’s been a while.

Give me beer. -> Beer for me.

Tee please. -> I think I’ll have tea.

A window seat, please. -> A windows seat, if possible. / A window seat would be great.

I want to use a credit card. -> Charge it, please. / I’d like to pay ccard.

I’m sick. -> I’m not feeling well.

I want to order. -> We’re ready to order.

I want this. -> I’ll have this.

Can I move to another table? -> Would it be okay to change tables?

Can I walk? -> Is it walkable? / Can I get there on foot?

I like it. -> I do like it! It’s nice. / Oh, wonderful! This is just what I wanted.

Do you want to drink? -> Would you care for a drink?

Golf is interesting. -> Golf’s a lot of fun.

I’m going home. -> I’m off. / I’ll be leaving. / I’m heading home.

Five o’clock is okay. -> Five o’clock would be great.

I have to cancel the meeting. -> I’m afraid we need to cancel the meeting.

Ask me. -> Let me know if anything comes up. / You can ask me anything. / I welcome your question.

I’ll think about it. -> Let me think about it. / Let me give it some (serious) thought.

 

 この著者は似たような内容の本を他にも出している。それらを廉価&ダイジェスト版にした感じである。薄く、分量は少なめ。ただ、値段も安い。720円で140種類の表現なので、ひとつあたりの単価は5円ちょっと、ということになる。

 

単行本、159ページ、PHP研究所、2018/7/20

ネイティブが「がっかり」する日本人の英語140

ネイティブが「がっかり」する日本人の英語140

  • 作者: デイビッド・セイン
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2018/07/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)