密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

これはもう芸術!美しい世界の図書館。「図書館遺産: 壮麗なるクラシックライブラリー23選」

著:ジャック・ボセ、写真;ギヨーム・ド・ロビエ、訳:遠藤 ゆかり

 

 タイトル通りの本。オールカラーで大型の写真集である。重厚で豪華な装飾と格調のある建築および設備の図書館がずらり。単純に実用面だけ考えると、このようなぜいたくな建物が図書館である必要があるとは思えない。どれも、ほとんど宮殿である。欧米の全部で23の図書館が厳選されている。

 

・オーストリア:オーストリア国立図書館、ベネディクト会アドモント修道院図書館

・ドイツ:ヴィブリンゲン修道院図書館、ベネディクト会メッテン修道院図書館、アンナ・アマリア公妃図書館

・イタリア:ヴァチカン図書館、リッカルディアーナ図書館

 

・フランス:マザラン図書館、フランス学士院図書館、上院図書館、オマール公の図書室

 

・スイス:ザンクト・ガレン修道院図書館

 

・イギリス:ボドリアン図書館、トリニティ・カレッジ、レン図書館、ジョン・ライランズ図書館

 

・アイルランド:トリニティ・カレッジ図書館

 

・チェコ:プラハ国立図書館

 

・スペイン:王立エル・エスコリアル修道院図書館

 

・ポルトガル:マフラ国立宮殿図書館

 

・アメリカ合衆国:ボストン・アシニアム、アメリカ議会図書館、ニューヨーク公共図書館

 

・ロシア:ロシア国立図書館

 

それぞれの解説の文章が、歴史の重みを示している。また、なんといっても鮮明な写真が圧巻である。

 

単行本、248ページ、創元社、2018/5/22

世界図書館遺産: 壮麗なるクラシックライブラリー23選

世界図書館遺産: 壮麗なるクラシックライブラリー23選

  • 作者: ジャック・ボセ,ギヨーム・ド・ロビエ,遠藤ゆかり
  • 出版社/メーカー: 創元社
  • 発売日: 2018/05/22
  • メディア: 単行本