密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

世界征服は楽じゃない。『「世界征服」は可能か? 』

著:岡田 斗司夫

 

「世界を支配したからって、好きなことができるわけではない。逆に揉め事を持ち込まれ、だれよりも公平であり中立であることを要求され、気に入らなくても処刑も弾圧もできず、無理にやったらいずれ滅ぼされる。それが現実の『世界征服』の姿なのです」。


 なかなか凄いタイトルだ。アイディアがよい。アニメやヒーローものや映画でひんぱんに登場する普遍のテーマをユーモアたっぷりに論じながら、でも実際の社会でこれをやるのは大変だよね、やるとしたらまずこうしなきゃ、というノリで論じる。途中、何度もにやりと笑った。記述が具体的で例示を伴っている部分が多いので、読みやすい。

 基本的には軽い内容だが、時々鋭い視点が登場する。例えば「次に支配者が忘れてはいけないのは教科書の改訂です」「(現代の)日本は階層社会になろうとしていますが、階級社会ではありません」とか。ローマ帝国とアメリカの比較も面白い。

 

新書、190ページ、筑摩書房、2007/6/1

「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書)

「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書)

  • 作者: 岡田斗司夫
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2007/06/01
  • メディア: 新書
  • 購入: 15人 クリック: 197回