密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

森絵都の名作。「宇宙のみなしご」

著:森 絵都

 

孤独を乗り越えてゆく思春期の物語。

正直、残りの10ページを切るまでは、

なんだかんだといっても子供向きの話だなと、

多少シニカルなイメージを持ちながら読んでいた。

しかし、最後の展開で一気に印象が変わった。

やわらかでやさしい文体で油断させておきながら、

ちょっとした布石があちらこちらにさりげなく打ってあり、

一見おとなしいエンディングにおいて、

それらがひとつのテーマに自然な形で収束してゆく。

さすが、森絵都。


ほろっとさせ、絶妙の余韻が残る。
見事な作品だった。

 

文庫、176ページ、角川書店、2010/6/25

宇宙のみなしご (角川文庫)

宇宙のみなしご (角川文庫)

  • 作者: 森絵都
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/06/25
  • メディア: 文庫
  • 購入: 5人 クリック: 21回