密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

大変よくまとまった質の高い金融英語の本。「外資系金融の英語 」

著:齋藤浩史

 

 金融英語を解説した本。著者は、イギリスに留学し、ゴールドマン・サックスなどの投資銀行で働いてきた経験を持つ。「外資系金融の英語」というタイトルになっているが、これは著者のキャリアのアピールも含まれているのではないかと思われる。

 

 内容は、日本語の説明が結構多い。これは、英語以前に、金融用語が難しい、という理由によるものだろうと思われる。固めの内容だが、要点がよくまとまっている。黒と青の印刷だが、構成も見やすい。解説も通り一辺倒ではなく、著者の経験に基づいてこなれたものになっていて、とても良い。また、時々「外資系金融マメ知識」というコラムがはさんである。

 

 無駄がなく、よく考えられた質の高い金融英語の解説書である。ただ、ひとつ残念なのが、音声ダウンロードもしくはCD(CD-R)が無いこと。この内容で、読むだけというのは、結構つらい。学習ということを考えると、あと200円高くてもいいから、ネイティブ・スピーカーが読み上げている音声も欲しい。

 

単行本、192ページ、中央経済社、2016/8/27

外資系金融の英語

外資系金融の英語

  • 作者: 齋藤浩史
  • 出版社/メーカー: 中央経済社
  • 発売日: 2016/08/27
  • メディア: 単行本