密林の図書室

日々読んでいる本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考え、このブログを立ち上げました。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

忘れてはならない記憶。『決定版 長崎原爆写真集』

編集:小松健一 、新藤健一、監修:反核・写真運動、監修:反核・写真運動

 

 1945年(昭和20年)8月9日。長崎に原爆が投下された。本書はその後の様子を撮影した写真を集めたものである。爆裂15分後に地上から撮影された原爆雲をはじめ、8月から10月に撮影された写真の数々が収められている。

 特に8月中に撮影されたものについては、焼死体やひどいやけどを負った人々の姿を映したカット、負傷した弟を背負ったまま縁者を探して歩く子供の写真などがあり、枚数は予想したほど多くはなかったが、原爆投下直後であるだけに、非常に生々しい。

 一方、9月から10月にかけて撮影されたものは、街や建物の被害状況を撮影したものが多い。


 巻末には、爆心地に赴いて写真を撮ったカメラマン2人のインタビュー証言や、解説がある。また、解説は日本語だけでなく英文でも書かれている。日本人のみならず、人類の記憶として長く教訓としてとどめるべき記録である。

 

単行本、256ページ、勉誠出版、2015/8/6

 

決定版 長崎原爆写真集

決定版 長崎原爆写真集

  • 作者: 「反核・写真運動」,小松健一,新藤健一
  • 出版社/メーカー: 勉誠出版
  • 発売日: 2015/08/06
  • メディア: 単行本