密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

Newton(ニュートン) 2018年 08 月号 ~自動運転・猫の秘密・ハヤブサ2号・エピゲノム編集~

科学雑誌Newtonの2018年8月号。人工知能と自動運転の特集だったので、手に取った。自動運転にはレベル0からレベル5までの段階があること。人工知能によって人やモノを見分けることがクルマの自動運転実現に役立つことが期待されること。ドライバーの状態も表情から見分けられること。人工知能の判断も完璧ではないこと。公道で走るための法律や保険がまだ整っていないこと。こういったことが説明されている。

 

意外に面白かったのは、「猫―かわいい不思議な狩人」。かぎ爪を出し入れできる秘密。甘味受容体の遺伝子の一部が壊れていること。猫の毛づくろいと猫アレルギーの関係。猫が現代のようになるまでの歩み。様々な猫の種類。「メインクイーン」という種類の猫の巨大さにはびっくりした。猫ブームの現代において、なかなかおススメの企画です。

 

「遺伝子のON/OFFを操る新医療」は、エピゲノム編集技術について。小惑星リュウグウ」で岩石採取を行うハヤブサ2号の探査計画の詳細も興味深い。東京国立博物館での特別展にあわせて、土偶や土器をはじめとする縄文の美を写真で紹介している特集や、「時間の謎」についての特集もある。

 

雑誌、ニュートンプレス 、144ページ、2018/6/26

 

Newton(ニュートン) 2018年 08 月号

Newton(ニュートン) 2018年 08 月号