密林の図書室

日々読んでいる本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介のブックレビューのブログです。人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考え、このブログを立ち上げました。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

自重筋トレ100の基本

著:比嘉 一雄

 

先に「中上級編」の方を買い、なかなか良かったので、こちらも注文した。自重トレーニングの基本を100のメニューとともに紹介している本。ムック本サイズでオールカラー。どのように体勢を動かすのか全て写真付きで解説してあるところがポイントである。

冒頭部分には、自重トレーニングに関する基本的な知識をQ&A形式で紹介している。例えば、効果的に筋力をつけるために必要なことは、正しい知識と精神力、というのは、いまさらながら「そうだよなー」と思った。また、終盤では、食事メニューやスポーツ選手のトレーニングの専門家のインタビューが載っている。

表紙には「もう器具などいらない!!」と大きく書かれているが、ボール、タオル、バッグ、椅子、モビリティバンドは使う。

 

ムック、112ページ、エイ出版社、2013/5/21

 

自重筋トレ100の基本 (エイムック 2630)

自重筋トレ100の基本 (エイムック 2630)

  • 作者: 比嘉一雄
  • 出版社/メーカー: エイ出版社
  • 発売日: 2013/05/21
  • メディア: ムック