密林の図書室

日々読んでいる本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考え、このブログを立ち上げました。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

もっと知りたいミケランジェロ: 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

著:池上 英洋

 

 存命中から「神のごとき」という形容詞付きで語られていたという。ルネッサンス期の巨匠中の巨匠であるミケランジェロ・ブオナローティ(Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simon, 1476-1564)の作品と生涯を紹介した本。ムック本サイズでオールカラー。

 生まれた時期から順に書かれている。この本を読むまで知らなかったが、生家であるポデスタ館はまだ残っていて、ミケランジェロ博物館として公開されているという。

 最初期の作品にも、のちに通じる力強い男性の裸体がみられる。メディチ家の古代彫刻コレクションがあるサン・マルコ修道院の中庭に自由に出入りできるようになったこと。

 枢機卿ラファエーレ・リアーリオがローマに呼び寄せ、これが縁で将来パトロンとなる人物たちの知遇を得たこと。

 ダヴィデ像。教皇の芸術家への道。システィーナ礼拝堂天井画。ユリウス二世廟。メディチ家礼拝堂。ラウレンツィアーナ図書館。マニエリスムの先駆けとなる彫像。「最後の審判」。サン・ピエトロ大聖堂の大改修。

 レオナルド・ダヴィンチとのライバル関係や、同性愛者であったことも触れられている。気難しがり屋だが、多くの弟子に慕われ、孤独とは無縁で、フィレンツェの家族を支えると同時に多くの使用人や弟子を養い、面倒見はよかったという。当時としては異例の長寿をまっとうしている。

 ミケランジェロが残した作品は、イタリアに旅行したときにいくつか見た。圧巻だった。大げさではなく、人類の至宝だと思った。一部不鮮明なものが含まれてはいるが、78ページにコンパクトにまとめられたこの本は、代表作をはじめ写真が多く掲載されており、解説も要点を押さえたものになっている。

 

単行本、78ページ、東京美術、2017/5/31

 

もっと知りたいミケランジェロ: 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたいミケランジェロ: 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

  • 作者: 池上英洋
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2017/05/31
  • メディア: 単行本
 

coldsnapbookworms.hatenablog.jp

coldsnapbookworms.hatenablog.jp