密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

堅牢なスマートコントラクト開発のためのブロックチェーン[技術]入門

著:田篭 照博

 

 Bitcoinの技術的な概要解説と、Ethereumでのスマートコントラクトおよびそのセキュリティの留意点について書かれた本。

 

 Blockchainの本は今やたくさん出ているが、この本の特徴は大きく2つある。まず第一に、Ethereumのスマートコントラクトについて、用途別に分けて具体的な記述例がいろいろ掲載されている点である。2つ目としては、スマートコントラクトのセキュリティプラクティスと脆弱性についても書かれてある点である。

 特に、後者については、複数の呼び出し元から同時に呼び出されたときに問題が発生するかどうかの再入可能性(Reentrancy)問題、トランザクションがブロックに取り込まれる順番がマイナーに依存するため意図した順番でトランザクションが実行されないケースが生じるTransaction-Ordering Dependence(TOD)、ブロックのタイムスタンプに依存した処理によって脆弱となりうるTimestamp Dependence、ステートに機密情報を保持して他と連携する場合の注意点、オーバーフローがもたらす影響といったことが書かれてある。

 また、2016年11月にSolidityのコンパイラーであるsoleの一部に脆弱性が見つかったことや、Jaxx脆弱性についても言及されている。

 

 特に後半はプログラムやコマンドレベルの解説がいろいろ載っているのが良い。一方、前半のBitcoin説明は既にたくさん出ているBitcoinの本と比べて取り立てた内容ではない。また、「本書ではEthereumそのものの仕組みは割愛しますが」となっており、後半のスマートコントラクトの解説との関連を考えると、むしろ割愛したこっちの解説こそきちんと盛り込むべきではなかったかと思われた。

 

大型本、240ページ、技術評論社、2017/10/27

 

堅牢なスマートコントラクト開発のためのブロックチェーン[技術]入門

堅牢なスマートコントラクト開発のためのブロックチェーン[技術]入門

  • 作者: 田篭照博
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2017/10/27
  • メディア: 大型本