密林の図書室

日々読んでいる本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介のブックレビューのブログです。人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考え、このブログを立ち上げました。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

日本の祭り

著:小川 秀一、山梨 将典、山梨 勝弘、佐藤 尚、富田 文雄

 

北はさっぽろ雪まつりから、南は熊本の山鹿灯籠まつりまで、日本各地の有名な祭りを、写真中心に紹介した本です。オールカラーで写真中心の構成。写真はどれも大変見事で、魅せられます。特定の写真家が撮り集めたのではなく、いろいろな人たちの選りすぐりのショットが選ばれています。

 

京都の「祇園祭」、鎌倉の「流鏑馬神事」、福島の「相馬野馬追」、徳島の「阿波踊り」など、有名なお祭りが中心です。長野県飯田市の「七久里神社秋季祭典裸祭り」の火の粉を浴びて役者が舞う様子とか、写真だけでもハラハラします。

 

ただ、秋田県のように7つも紹介されている県がある一方で、宮城、福井、香川、宮崎、鹿児島のようにゼロの県もあります。京都三大祭りのうち、「葵祭」は取り上げられていません。写真以外は、それぞれ数行の簡単な解説と、場所について1行、開催時期について1行というだけの情報なので、ガイドとしては不十分です。それぞれの地域のWebサイトを見て詳細を確認する必要があります。ただ、お祭り紹介の写真集と割り切れば、なかなか見事です。

 

単行本、152ページ、パイインターナショナル、2018/2/13

 

日本の祭り

日本の祭り

  • 作者: 小川秀一,山梨将典,山梨勝弘,佐藤尚,富田文雄
  • 出版社/メーカー: パイインターナショナル
  • 発売日: 2018/02/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)