密林の図書室

日々読んでいる本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介のブックレビューのブログです。人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考え、このブログを立ち上げました。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

一度は行きたい 全国の水族館

編集:昭文社 旅行ガイドブック 編集部

 

 タイトル通りの本。薄い本だが、オールカラーで写真中心の構成。最初に「何度でも訪れたい10の水族館」として、沖縄美ら海水族館サンシャイン水族館海遊館名古屋港水族館鶴岡市立加茂水族館、環境水族館アクアマリンふくしまマリンワールド海の中道京都水族館鳥羽水族館新江ノ島水族館が紹介されている。

 

 それ以降は、各館1ページずつで地域別の紹介になっている。全部で69。淡水魚を中心にした内陸部にある水族館もいくつかある。また、近年は耐水ガラスの進歩もあり、ダイナミックに海の生物たちの姿を楽しめる施設が増えてきたことを実感する。子供や孫を連れて、デートや旅先に立ち寄る場所のひとつとして、水族館選びに役立つ本。

 

単行本、112ページ、昭文社、2018/1/26

 

一度は行きたい 全国の水族館

一度は行きたい 全国の水族館

  • 作者: 昭文社旅行ガイドブック編集部
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2018/01/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)