密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

俯瞰図から見える IoTで激変する日本型製造業ビジネスモデル

著:大野 治

 

 今やたくさん出ているIoTに関する本。著者は長年、日立製作所に勤めていた人である。世の中にたくさん出ているIoTの本と比べた場合のこの本の特徴は、IoTに関する動向はもちろんいろいろ書かれているが、それだけではなく、良くも悪くも著者の豊富な経験に基づく意見がかなり色濃く前面に出ている内容になっている点である。

 

 IoTの市場構造やGEやBoschといった海外事例の話、機械学習やBigDataといった技術のトレンドについてはもちろん書かれている。また、それだけではなく、IoT化で壁になること、既存事業をIoT化するために何をすべきか、モノ作りの現場にソフトウェア思考を取り入れることの重要性、といったところで力強く自説を展開している。

 

 何冊かIoTに関する本を読んできた立場からすると、正直、絶賛すべき内容かどうかは、人による、と思った。IoTの解説書としてはこれでなくても良いと思われるし、難しい本ではないが入門書として一押しかというとそうでもない気がする。著者の独自の視点に基づく主張については一読の価値はあるかもしれない。自分の目的に合致するかどうか、内容を確認してから購入する方が良いと思われる。

 

目次

第1部 IOTの全体俯瞰
第2部 垂直統合戦略

第3部 水平横断戦略

第4部 モノ重点戦略
第5部 IoTの中で日本・日本企業が生き残るための提言

 

単行本、208ページ、日刊工業新聞社、2016/12/23

 

俯瞰図から見える IoTで激変する日本型製造業ビジネスモデル

俯瞰図から見える IoTで激変する日本型製造業ビジネスモデル

  • 作者: 大野治
  • 出版社/メーカー: 日刊工業新聞社
  • 発売日: 2016/12/23
  • メディア: 単行本