密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

ロバート・キャパ写真集

編集:ICPロバート・キャパアーカイブ

 

 歴史的な報道写真家であるロバート・キャパの写真を236点収録した文庫本である。世界的に名声を高めることになった「崩れ落ちる兵士」をはじめとするスペイン内戦。日中戦争。第2次世界大戦におけるヨーロッパ戦線。北アフリカ戦線。イタリア戦線。わずかなフィルムしか残らなかったが貴重な記録となったノルマンディー上陸作戦。パリ解放。終戦直後のヨーロッパ。第一次中東戦争。戦後の日本。インドシナ

 

キャパの写真からは人間を強く感じる。名もない兵士や戦火の中で暮らす人々。戦争というものが、人間を抜きにして語れないものであること、その前線にいる人たちのこと、そのあおりを食らっている一般の人々が混然一体となって戦争の時代の中にいる。そういうことを、しっかりと感じる。

 

 文庫サイズなので、写真が小さいのが残念だが、印刷は良い。最後に、ロバート・キャパアーカイブ学芸員の解説が付いている。

 

文庫、320ページ、岩波書店、2017/12/16

 

ロバート・キャパ写真集 (岩波文庫)

ロバート・キャパ写真集 (岩波文庫)