密林の図書室

日々読んでいる本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考え、このブログを立ち上げました。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

歴史的な報道カメラマン。ロバート・キャパの残した著書。『ちょっとピンぼけ (Slightly Out of Focus)』

著:ロバート・キャパ、訳:川添 浩史、井上 清一

 

「106枚写した私の写真の中で救われたのは、たった8枚きりだった。熱気でぼけた写真には、”キャパの手は震えていた”と説明してあった」。

 

 歴史上もっとも有名な戦場写真家であるロバート・キャパが残した第二次世界大戦中の活動回想録。かなり個人的な記録で、恋人との間のことや、連合軍の兵士とのポーカー、酒の話が頻繁に出てくる。

 亡命ハンガリー人の立場での従軍記者登録。イギリスへの移動。いつの間にか軍事機密を撮影していて問題になったこと。北アフリカ戦線。イタリア戦線。そして、ノルマンディー上陸作戦。パリ入城。ドイツへの進軍。

 本書を読んで、キャパという人が多くの人から愛された理由がわかった気がする。とても人なつこく、兵士たちともすぐ仲良くなっていたようだ。いろいろな国の言葉を話すので時には通訳もさせられる。本書に綴られたエピソードを読む限り、キャパのコミュニケーション能力の高さが、様々な制約の多い戦場での取材において役に立ったことは疑いない。ユーモアも交えてある。交友範囲も広い。スペイン内戦以来の仲でキャパが「パパ」と呼んでいた、アメリカ軍の名誉客員として参戦していた文豪ヘミングウェイの戦場のでの血気盛んな様子にはびっくりさせられた。

 翻訳もの特有の多少くどさのある文章だが、それほど読みにくくは無い。キャパが撮影した写真も含まれている。

 

単行本、302ページ、ダヴィッド社、1980/1/1

 

ちょっとピンぼけ

ちょっとピンぼけ

  • 作者: ロバート・キャパ,川添浩史
  • 出版社/メーカー: ダヴィッド社
  • 発売日: 1968/01/05
  • メディア: 単行本
 
ちょっとピンぼけ (文春文庫)

ちょっとピンぼけ (文春文庫)

  • 作者: ロバート・キャパ,川添浩史,井上清一
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1979/05
  • メディア: 文庫
  • 購入: 3人 クリック: 44回
 
ロバート・キャパ写真集 (岩波文庫)

ロバート・キャパ写真集 (岩波文庫)

  • 作者: ICPロバート・キャパ・アーカイブ
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2017/12/16
  • メディア: 文庫