密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

「親米」日本の誕生

著:森 正人

 

 面白そうなタイトルなので読んでみた。戦争に負けてボロボロになった日本。進駐軍に群がる人々、パイパンと呼ばれる売春婦のような負の部分、アメリカ的な考えや憧れ、民主主義の称揚、家電ブーム、自家用車ブーム、「奥様は魔女」。日本の戦後の歩みはアメリカ的な価値観や豊かさへのあこがれから生まれている。「NOといえる日本」や最近の保守主義も「おふくろの味」も、アメリカ的な価値観への反発や修正的な考え方も軸になっているのはアメリカ的な思想である。

 

 主観的な記述も散見されるので、細かいところでは人によって異論はあるかもしれないが、大きくは戦後の日本の文化史をざっとおさらいしているような内容であって、この国に生まれ長く生きてきた人なら普通に経験していることでもあり、特に異論はない。ただ、同時に、新味も無い。率直に述べて、あまりに当たり前のことを書いているだけなので、「それで?」と思った。少なくとも、個人的にはこの大上段なタイトルからイメージした期待には及ばなかった。日本の戦後史についてよく知らない、という人ならいいかもしれないが。例えば、海外の他の国と比較するとか、もう少し工夫があればよかった。

 

単行本、256ページ、KADOKAWA、2018/1/26

 

「親米」日本の誕生 (角川選書)

「親米」日本の誕生 (角川選書)

  • 作者: 森正人
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/01/26
  • メディア: 単行本