密林の図書室

日々読んでいる本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介のブックレビューのブログです。人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考え、このブログを立ち上げました。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

セレブ・インタビューズ2【CNNライブCD+新書判テキスト】 (100万語[聴破] CDシリーズ12)

編:CNN English Express

 

 CNNのレポーターが、セレブにインタビューした記事を集めてあります。CD付き。

バーの喫煙マナーに怒るマライア・キャリー
意外にユーモアのあるアル・パチーノ
ハリー・ポッター撮影時のキスシーンはどうだった?と質問されるダニエル・ラドクリフ
中国公演を控えて公演禁止になっている曲があることに答えるミック・ジャガー
普通の20歳代の女の子の気持ちを歌で代弁しようとするビヨンセ
こういった人たちのインタビューが入っています。

 個人的に一番印象的だったのは、クリント・イーストウッド&渡辺謙。テーマは、映画硫黄島からの手紙
 渡辺謙は、多少つたないながらも、通訳を入れずにきちんと自分の英語で喋っています。そして、日本人としてこの映画の主演を務めることになった責任感、米国留学経験があるのにアメリカと戦うことになった栗林中将と日米で仕事をしている今の自分を重ね合わせた感想を述べています。

 硫黄島の戦いはアメリカでは学校で普通に教えられている重要な史実なのに、日本ではこの映画が公開されるまでは一般的な知名度は低くかったので、レポータが日本ではこの戦いについて知らない人が多いと聞いてびっくりしている様子も入っています。

 学習者用に易しくしてあるものではありません。テーマや相手によって難易度の差はありますが、海外で放送されている普通のインタビューものを集めてあるので英語のレベルはかなり高いです。ただし、マスコミ慣れしているセレブたちのインタビューということもあり、全般的に発音は明瞭なものが多いです。

 トランスクリプトを書いたテキストがとてもコンパクトで持ち運びに便利です。CDの音声をMP3形式に変換して今でも時々聴いています。少し古いですが、内容はいいです。ただし、学習者用にやさしくしたものではないので、上級者用もしくは中級者だけれどネイティブスピーカー向けの自然なインタビューに挑戦したいという人向けになります。

 

単行本、128ページ、朝日出版社、2008/4/12

 

セレブ・インタビューズ2【CNNライブCD+新書判テキスト】 (100万語[聴破] CDシリーズ12)

セレブ・インタビューズ2【CNNライブCD+新書判テキスト】 (100万語[聴破] CDシリーズ12)