密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

とにかく散歩いたしましょう

著:小川 洋子

 

 この人の文章は、上手い。女流小説家が新聞に4年近くかけて連載したエッセイを一冊にまとめたもの。

 連載をまとめたものだからだろうが、どれも4ページ程度の読みきりとなっている。少しほろっとさせたり、笑わせたり。最後に見事な落ちがあるものもある。やわらかで、上品かつ個性的な文体。そして、楽しく読ませる。

 日常のちょっとしたエピソード、取材であったこと、本の話、子供のころの思い出、五輪のスケート、鳥、他のジャンルで活躍している同姓同名の人、他。愛犬と愛犬を散歩させる話も時々出てくる。あとがきでは、その愛犬及び散歩の習慣がその後どうなったか触れられている。やわらかい文体で、読ませるエッセイ集になっている。

 

文庫、255ページ、文藝春秋、2015/7/10

 

とにかく散歩いたしましょう (文春文庫)

とにかく散歩いたしましょう (文春文庫)