密林の図書室

日々読んでいる本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考え、このブログを立ち上げました。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

蒼い炎

著:羽生 結弦

 

 フィギュァスケート男子で大きな注目を浴びはじめていた頃の若き天才スケーター羽生結弦の本。写真集+書籍という趣きだが、印刷がなかなかよく、単体写真集と比べてもあまり引けをとらない。

 子供の頃にウルトラマンが好きで自分の演技の曲にリクエストしたこや、スケートの練習がつらくて「野球やりたい」と言ってみたこともあるというような、この道を歩んできた経緯。ジュニアを一足早く卒業してシニアに挑んだこと。また、高橋選手や織田選手と一緒に滑っていて四回転に磨きがかかったことや、チャン選手がスケートをずいぶん倒して滑っているのを見てそれをすぐ自分のものにしたあたりに、非凡な才能がうかがえる。

 一方、まだずいぶん若いのに、世界のトップレベルを争っているというだけでなく、全日本ノービスで優勝した後に地元仙台のスケートリンクが一時閉鎖したり、東日本大震災の影響など、いろいろな障害を乗り越えてきたことがわかる。震災後は10月のシーズン開始まで60回のアイスショーをこなしながら各地を転々として練習を続けたという。世界の一流のライバルたちについての感想。自分の演技について。負けず嫌いの性格。世界選手権やオリンピック。いろいろな想いが、素直な言葉で綴られている。

 

単行本、167ページ、扶桑社、2012/4/7

 

蒼い炎

蒼い炎

  • 作者: 羽生結弦
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2012/04/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 11人 クリック: 113回