密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものだと考えてきたので、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

ハンディ版 知っておいしい 肉事典

編:実業之日本社

 

 タイトル通りの本です。もともと、「肉辞典」という本があり、それを小型版にしたもののようです。

 第6章の「日本の肉事情」という部分を除き、オールカラー。部位別の肉の写真がいっぱいです。牛肉、豚肉、鶏肉は手厚く書かれており、羊肉と鴨肉もその半分くらいのページ数があります。ごく簡単な説明だけですが、馬肉、兎肉、猪肉、熊肉、山羊肉、鹿肉についても言及されています。

 全身の中の部位の名称と位置、各部位ごとのリアルな写真と解説が掲載されているため、内臓部分とか、ホールと呼ぶ鳥の全身のまんまのとか、ちょっと生々しいです。

 部位ごとの特徴とそれを生かした料理方法については、参考になると思います。加工品コーナーもあり、一般的なソーセージやハムやベーコンやジャーキーと共に、世界三大ハム(パルマハム、金華ハム、ハモン・セラーノ)の紹介があります。

 

単行本、224ページ、実業之日本社、2013/10/17

 

ハンディ版 知っておいしい 肉事典

ハンディ版 知っておいしい 肉事典