密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

絵本

地獄とは?人は死んだらどうなるか?「絵本 地獄――千葉県安房郡三芳村延命寺所蔵」

著:白仁 成昭、著:中村 真男、監修:宮 次男 一時話題になった絵本です。 怖いもの見たさで読んでみました。千葉県安房郡三芳村延命寺に所蔵されている絵を一冊の本にしたものです。 それらは、昔の人が、地獄とはこういうところだ! と知らしめるために描…