密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものだと考えてきたので、このブログを立ち上げて日々読んできた本の備忘録として活用しています。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

哲学・心理・自己啓発

「美女と野獣」の野獣になる方法

著:水野 敬也 どうしても気になって仕方ない本だったので、読みました。時々ちょっとムッとするくらい、なれなれしい文体です。でも、大げさな表現でユーモアを効かせてあって、かなり笑える。で、ふざけているようで、結構マジです。「うわっつらKindness…

精神力とか決心とか罪悪感は頼りにならない。『スタンフォードの自分を変える教室』

著:ケリー・マクゴニガル、訳:神崎 朗子 「しっかりと自分をコントロールできる人は、自分と戦ったりはしません。自分のなかでせめぎ合うさまざまな自己の存在を受け入れ、うまく折り合いをつけているのです。自己コントロールを強化するための秘訣がある…

マンガ並記なので読みやすい。100万部突破の「漫画 君たちはどう生きるか」を、印象的な言葉から紹介。

ベストセラーになっている、「漫画 君たちはどう生きるか」を読んだレビューです。