密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものだと考えてきたので、このブログを立ち上げて日々読んできた本の備忘録として活用しています。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

2018-10-15から1日間の記事一覧

タックス・イーター――消えていく税金 (岩波新書)

著:志賀 櫻 読み進めながら、暗澹たる気持ちになる。累積赤字が膨れ上がる日本の財政と税金の関係を戦後の歩みと変化を振り返りながら紹介した本。著者は元大蔵省官僚の弁護士。 戦争中の反省から、財政規律を持っていた日本。日銀引き受けは禁じ手で、1965…