密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

2018-09-05から1日間の記事一覧

日本海 その深層で起こっていること (ブルーバックス)

著:蒲生 俊敬 日本海の広さは、世界の海域の広さの0.3%でしかない。いわばミニサイズの海である。 また、日本海は、それぞれ約10m、50m、130m、130mの水深しかない、間宮海峡、宗谷海峡、津軽海峡、対馬海峡の4つの海峡を通じて隣り合う海とつながって…

グローバルCMS導入ガイド(第2版)

著:岡部 武、監修:松尾 美枝 経理・財務変革のコンサルティングを20年しているという著者によると、近年、お客様各社からグローバル化についての相談が非常に増えているという。その背景として、以下の2点が挙げられるという。 1.単体視点から連結視点…

相対性理論 (岩波文庫)

著:A. アインシュタイン、訳:内山 龍雄 「この論文は物理学の論文の模範として、それを志す者は必ず一読すべきものであると思う。これは科学論文として最高の傑作であり、その論旨の展開の美しさは芸術作品と称えても、決して過言ではない」(訳者による「…