密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものだと考えてきたので、このブログを立ち上げて日々読んできた本の備忘録として活用しています。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

2018-07-01から1日間の記事一覧

自民党復権の影に情報分析あり。「情報参謀」 (講談社現代新書)

著:小口 日出彦 著者は、自民党が政権を失った2009年夏の総選挙直後から同党と契約。情報分析を行って世論の反応やそこから見えてくる方向性について示す役割を務めたという。これは2013年夏の衆議院選挙大勝によって役目を終えるまでのその4年間の仕事を振…