密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものだと考えてきたので、このブログを立ち上げて日々読んできた本の備忘録として活用しています。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

2018-02-27から1日間の記事一覧

はてなブログ Perfect GuideBook

IT

著:JOE AOTO はてなブログのガイドです。さすがに今はもう慣れてきましたが、はじめた当初はよくわからず、いろいろ検索しながらいじっていて、でもそれでは非効率だったので、ちゃんとまとまったものを一冊買って読んだ方がよさそうだと思ってこれを買って…

図解入門業界研究 最新証券業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第4版]

著:秋山 謙一郎 図解入門業界研究のシリーズのうちの一冊。証券業界について説明した本。適時改訂が行われており、これは第4版。世の中は大きく変わっているから、このように数年おきにきちんと内容を見直して最新化する姿勢は評価できる。また、それだけ…

60分でわかる! VRビジネス最前線 (60分でわかる! IT知識)

著:VRビジネス研究会 VR(Virtual Reality:仮想現実)とはどういうもので、どういう構成要素があって、どういうコンテンツがあるのか、やさしく紹介した本。「60分でわかる」とあるように、大変やさしく書かれており、特に前提条件はいらない。ページ数も160…

60分でわかる! IoTビジネス最前線 (60分でわかる! IT知識)

著:IoTビジネス研究会 IoTを易しく説明した本。多色刷りで、左ページが解説、右ページが写真や図表という構成になっている。厚さは159ページ足らずである。 IoTとはどういうものか。自動車のIoT。UBERやAirbnb。ウェアラブルデバイス。介護での活用。町工場…

トコトンやさしいアミノ酸の本 (今日からモノ知りシリーズ)

著:味の素株式会社 タンパク質はアミノ酸がつながってできている。よって、アミノ酸は生き物に欠かせない物質である。アミノ酸はペプチド結合(アミノ基とカルボキシ基がつながった結合)によってペプチド(アミノ酸が2~数十個つながったもの)になり、さ…

すぐわかる日本の甲冑・武具

著:棟方 武城、監修:笹間 良彦 日本の甲冑について解説した本。全体の約4分の3がカラーで、写真や図解が多く掲載されており、タイトル通り、わかりやすい内容になっている。 特に、時代に応じた甲冑の変化についての説明が分かりやすかった。弥生時代の木…

ビジュアルポーズ集 図説 戦国甲冑武者のいでたち

著:佐藤 誠孝 室町時代から江戸時代に作られた貴重な本物の甲冑を破損に注意しながら慎重に利用し、豊富な写真を解説とともに掲載したポーズ集。甲冑の着用手順や馬具や兜や武具についても詳しく載っている。相馬野馬追や小田原北條鉄砲衆によるイベントで…

若き生物学者の未開のモーリタニアでの面白サバイバル体験と奮闘。「バッタを倒しにアフリカへ 」

著:前野ウルド浩太郎 よく売れているようなので、読んでみた。子供のころにファーブルにあこがれ、昆虫研究者を目指し、バッタが大発生すると農作物が壊滅的な被害を受けるモーリタニアへ渡った研究者の記録である。あくまでも新書なのでそれほど鮮明なもの…