密林の図書室

人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考えており、このブログを立ち上げました。日々読んできた本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介及び読書感想をまとめたブックレビューのブログです。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

2018-02-07から1日間の記事一覧

なぜ中国人は財布を持たないのか

著:中島 恵 中国でスマホ決済やシェアビジネスが定着しているという話を耳にすることが多くなったので、手にとった。結論から書くと、スマホ決済浸透の話は本書で大きな部分を占めはするもののそれだけではなく、経済発展に伴い中国の人々の近年の価値観や…

退屈なことはPythonにやらせよう

IT

著:Al Sweigart、訳:相川 愛三 Pythonの本。体系立った言語仕様の細かい説明を勉強用に単に並べているというのとは少し違い、Pythonのこの機能を使えばこういうことができる、こういうことで便利、というトーンで書かれていることが特徴である。 Python入…

図説 英国アンティークの世界: 華麗なる英国貴族の遺産

著:小野 まり アンティークとは、作られてから100年以上経った調度品や生活用品のこと。英国アンティークは1660年からのスチュアート朝後期の王政復古期に中産階級が力を持ったことと海外貿易が盛んになったこと、チャールズ二世の海外体験といった…