密林の図書室

日々読んでいる本の備忘録を兼ねた書評と内容の概要紹介のブックレビューのブログです。人生は短く、経験からのみ得られることは限られます。読書から多くのことを学び、アウトプット化も本との対話の一部として大切なものと考え、このブログを立ち上げました。過去に別名でAmazonのレビュー欄に掲載したものとそちらには未掲載のものがあり、後者は「Amazonレビュー欄未掲載」タグをつけてあります。

2018-01-16から1日間の記事一覧

図説 植物の不思議 ミクロの博物学

電子顕微鏡の色付け写真を残した西永奨氏が遺したものの中からセレクトしてまとめられた写真集のレビューです。

海上の巨大クレーン これが起重機船だ

海で大きな仕事をしている起重機船とそこで働く人たちについて写真中心に解説した本のレビューです。

図説 日本と世界の土木遺産

著:五十畑弘 日本の土木建築を中心に、イギリスのアイアンブリッジをはじめとする適時世界の土木遺産も紹介した本。オールカラーで、442ページ。かなりボリュームがある。解像度が粗いものが散見されるのが残念だが、写真も500枚以上あって、大変多い。以下…

オールアバウト警視庁

警視庁とはどういういう組織でどうなっているかについて書かれたムック本です。